消費者金融と銀行系カードローンを比較して分かる大きな違い

消費者金融と銀行系カードローン

生活費が足りない、欲しいものが買えない、急な出費でお金が足りない、などの状況で、カードローンなら手軽にお金を借りられます。普通のローンと違って、目的に関わらずいつでも簡単に現金を引き出せるので、様々な場面で利用ができます。

 

カードローンの利用はクレジットのリボ払いに少し似ています。好きなタイミングで借入れした後は、その時の借入残高に応じた返済額を毎月支払っていきます。多少のであれば返済額もそれ程ではないので、気楽に借りられるというメリットがあります。

 

カードローンの取り扱いは消費者金融が主流でしたが、現在は銀行や信用金庫などでもカードローンのサービスが始まっています。カードローンとしてのサービスに大きな違いはありませんが、申込み条件などについては両者に違いがあります。これからカードローンの利用を考えているならば、両者の違いを把握しておいた方が、自分に合ったものを選びやすくなるでしょう。

 

金利と利息の違い

カードローンの契約に手数料や年会費はかかりませんが、借入れたお金に対しては利息が発生します。その際適用される金利は、申込み先や限度額、審査結果によって決まります。

 

一般的には消費者金融よりも銀行系カードローンの方が、低金利で利用ができます。金利が低ければかかる利息も少なくて済むので、利息が気になるのであれば銀行系のカードローンがお勧めです。

 

ただし金利が高くても利息を抑えて借りられるプロミス札幌での即日融資もあり、一定の条件を満たすと初回の利用時が借入れの翌日から30日間無利息となることで、実際に支払う利息を減らせるようになっています。

 

金利が低ければ継続して利息負担は減らせますが、一度きりの利用を考えているのであれば、無利息サービスがある消費者金融のカードローンも条件次第で優れます。

 

 

最大での借入額の違い

カードローン契約後は、限度額の範囲内で繰返し借入れや返済ができます。限度額はこちらの借入希望額と審査結果によって決定します。限度額が多い方が、たくさんお金を借りられます。

 

限度額は契約後ずっと同じとは限らず、利用状況などによって増額されたり減額されたりする場合があります。

 

借入額は消費者金融よりも銀行系カードローンの方が多い傾向にあります。もちろん審査結果による所もあるので一概には言えませんが、消費者金融の場合、初回で借入れできる金額は50万円以内に設定されるケースが多いです。銀行の場合、初回から100万円など、多額の借入れができる場合もあります。

 

基本的な申込み条件の違い

消費者金融の場合、安定した収入があれば大抵申込みが可能です。正社員だけでなく、自営業者や契約社員、派遣社員、パートやアルバイトであっても、働いていて安定した収入があれば申込みが可能です。

 

ただし、自分自身に収入の無い専業主婦の場合、現在消費者金融では申込みを断られてしまいます。また、他社を含めた借入総額が年収の1/3を超える場合、これも断られてしまいます。

 

消費者金融には総量規制という法律が適用されていて、年収の1/3を超える貸付けが法的に禁止されています。

 

一方銀行の場合は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える借入れでも申込みが可能ですし、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申込みが可能です。

 

借りるまでの審査の違い

消費者金融と銀行系のカードローンで比較をすると、銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われています。消費者金融は比較的審査に通りやすいと言われています。

 

同じカードローンでも、金利が低い程儲けも少なくなります。その分、貸し付けたお金を確実に回収しなければならないので、審査は厳しくなります。消費者金融と比べて金利が低い銀行系カードローンは、審査が厳しくなってしまうというデメリットがあります。

 

ただし、審査は各社独自の基準に従って行われます。その為、審査に通りやすいと言われている消費者金融の審査に落ちて、銀行系のカードローンの審査に通るという人もいます。

 

契約までの手続き時間の違い

カードローンを申込むにあたって、急ぎでお金が欲しいという人もいますが、手続きにかかる時間についても違いがあります。

 

銀行系カードローンと比べて、消費者金融は手続きにかかる時間が短いという特徴があります。最短1時間程度で借入れまで手続きが終わります。銀行系カードローンの場合は融資まで数日かかる場合もあります。

 

審査回答は最短即日となっていても、実際の融資までには日数を要するカードローンも多いです。ネットで来店不要の手続きが進められるオリックス銀行カードローンの契約も、やはり銀行だけあってどうしても時間がかかってしまいます。

 

契約後なら急ぎの最短即日融資も可能とはなるものの、申し込み当日の最短即日融資の利用はできないために注意が必要です。